yak
どうもれつしです!

春の選抜が近づいてきましたね。

今回はいなべ総合の渡辺啓五選手について書いていきます!

渡辺選手のwikiなどの詳しいプロフィールや出身中学が気になりました。

また球種や球速に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

藤嶋健人(東邦)のwikiや彼女は?変化球や体重に迫る

有村大誠(秀岳館)のwikiや出身中学は?球種や球速を調査!

村上頌樹(智弁学園)のwikiや出身中学は?球種や球速を調査!

渡辺啓五選手のプロフィール紹介

 
 


渡辺啓五
身長 178cm
体重 75kg
投打 右投左打

渡辺選手のwikiなどの詳しいプロフィールは出ていません。

まだ渡辺選手は全国的には有名な選手というわけではないでしょう。
 
 
 
しかし非常に能力が高い選手なので、プロからも注目されていると思いますよ!

中学時代は海外に遠征に行くなど実績もあるので、必ずスカウトが目をつけているはずです。
 
 
渡辺選手のフォームはセットポジションから投げる投球フォームです!

セットポジションから投げるのでコントロールを重視していると考えられます。

 

テンポが早いピッチングでどんどん投げ込んできます…!

 

これは打者からしたら嫌だと思いますよ(笑)
 
 
どんどん投げ込んでこられたら、自分のペースが保てなくなるのでリズムが狂うでしょうね。

私も野球をやっていて経験がありますが、強いチームの投手は結構テンポが早い投手が多かったです。
 
 
 
いつサイン交換してんだよ!?と思うくらいです(笑)

捕手がすぐ投手にボール投げ返してから投球動作に入るまでの間隔が短いですね。
 
 
打者としてはこれをやられるとリズムが狂わされて思うようなバッティングができなくなると思います!

なので手で相手投手にちょっと待ってと合図して、きっちり自分のリズムを保たないと、いいようにやられます…!

それだけテンポよく投げれるのはレベルが高い証拠ですね。
 
 

身長と体重

 
 
渡辺啓五選手の身長は178cm、体重75kgです。

がっちりとした体格をしています。
 
 
もっと体重を増やしていけばパワーもつきますし、球威も上がるでしょう。

身長に関してはまだまだ伸びるかもしれません。

まだ2年生なので成長する可能性は高いですね。
 
 

球種や球速

 
 
渡辺選手の最高球速はマックス142キロです!

140キロ以上の速球を投げることができます。
 
 
 
プロからも注目されているのではないでしょうか。

まだ2年生ですし、球速はまだまだ伸びるでしょう。
 
 
もしかしたら甲子園で145キロを計測する可能性もあります!

夢の150キロの目指して球速を上げていってもらいたいですね!

球種は

  • スライダー
  • カーブ

調べてみるとこの2種類を投げるとの情報があります。
 
 
ただ2種類って少なくないですか?

もしかしたらもう1種類何か覚えている可能性もあります!
 
 
 
ストレートに球威があるので、チェンジアップを覚えたらいいんじゃないかなあと思いました!

ただ渡辺選手のスライダーとカーブにも注目をしたいですね。
 
 
変化球のキレや変化の大きさがどれくらいあるのかも気になります…!

カーブとスライダーに絶対的な自信を持っているかもしれません。

渡辺選手はコントロール重視のピッチングスタイルだと思うので変化球にも、こだわりがあるはずです!
 
 

出身中学

 
 
渡辺選手の出身中学はいなべ市立大安中学校です!

いなべ市の中学校なので地元のいなべ総合に進学したことになりますね。
 
 
中学時代は桑員ボーイズに所属していました。

 

さらに世界大会にも抑えの投手として選ばれているほどの実力者です…!

世界大会のメンバーに選ばれるくらいですからこの頃から実力のある投手だったんでしょう。
 
 
 
その時に世界大会では優勝を経験しているとのこと!

三重県ってボーイズやシニアは盛んなんでしょうか。

 

静岡はシニアやボーイズのチームが全然なくて軟式が盛んですが(笑)

 

中学の時から世界の強豪を相手に戦っているので、経験は豊富でしょうね。
 
 
中学の時から海外に行って世界大会を経験しているというのが羨ましいです!

渡辺選手はそれだけの実力者というわけです。

甲子園でも注目していくべき投手の一人ですよ。
 
 

まとめ

 
 
それではいなべ総合の渡辺啓五選手についてでした!

  • 出身中学はいなべ市立大安中学校。
  • 桑員ボーイズに所属し世界大会を経験している!
  • 最高球速142キロ!球種はカーブ、スライダー。

素材としてはかなりのものを持っています!

投手としての才能もあるので、来年のドラフト候補になるでしょう。

まずは甲子園で実績を上げてプロのスカウトに実力を見せ付けてもらいたいです。